更年期障害はいつから?原因やを症状チェック!乗り切る対策は?

なんとなく体や心の不調を感じていて、なかなかよくならないときは、更年期障害かもしれません。

更年期障害とは、ホルモンバランスの乱れによっておこる症状の総称です。

適齢の女性だけでなく、20代や30代女性にも症状がでるケースもあったり、最近は男性の更年期障害にも注目されています。

こうなると、もはや、他人事ではなさそうですが、やみくもに不安になる必要はありません。

更年期障害を知って、対策を行うことで、症状を軽くできる可能性があります。

また現在、更年期障害に悩まされている方も、少しでも症状を軽くし、軽やかな毎日を送れるようにするのは可能です。

更年期障害の原因や、症状、対策などしっかりみていきましょう。

更年期障害とは

更年期は、女性の一生においてみんなが通る時期です。

【女性の一生】

  • 幼少期
  • 思春期
  • 性成熟期
  • 更年期
  • 老年期(生殖不能期)

閉経前の5年~閉経後5年までの10年間を「更年期」とよび、年齢はだいたい40代半ば~50代前半を指すことが一般的です。

この時期にホルモンバランスの乱れが引き起こす、さまざまな症状を「更年期障害」といいます。

更年期障害は、個人差の大きいことが特徴です。

症状の重さは人によって異なり、まったく症状が気にならないレベルの方もいれば、日常生活に支障をきたしてしまうケースもあります。

また更年期障害の症状も、人それぞれなので、同じ更年期を過ごしていても、異なる悩みを抱えているのです。

この差は、若いうちの乱れた生活習慣や、無理なダイエットなどの日常生活が、ホルモンバランスを乱れさせているから起きるという説もあります。

更年期障害の原因は?

更年期障害の原因は、大きくふたつにわけられます。

ひとつは、閉経に差し掛かるためホルモンバランスの乱れが原因です。

もうひとつは、ストレスなどの心理的な要因があります。

原因1:ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンのエストロゲンは、思春期に差し掛かる8~10歳ころから卵巣から分泌されだし、性成熟期である30代にピークを迎えます。

その後、徐々に卵巣機能が低下するためエストロゲンの量も減るのです。
40代半ばの更年期に差し掛かると、エストロゲンはガクンと分泌量が減ります。

いっぽう脳の視床下部にある下垂体には、ホルモンを分泌させる命令を出す働きがあり、ホルモンを出すように指令を出しているのですが、卵巣機能が低下するためエストロゲンを思うように分泌できません。

そのため、視床下部に混乱が起こります。

視床下部はホルモンの分泌だけでなく、自律神経のコントロールも行っているため、ホルモンが出ないことで脳が混乱すると、自律神経のコントロールも崩れるのです。

自律神経は、自分が意識的に調整できない代謝や呼吸・発汗・血圧・消化のような、生命維持に必要な機能を制御しています。

そのため、自律神経のバランスが崩れると、心身ともにさまざまな不調があらわれるというわけです。

つまり更年期障害は、卵巣機能が低下することから引き起こされる自律神経失調症といえるでしょう。

原因2:ストレス

更年期を迎える女性をとりまく環境は、ちょうど変化が多い時期といえます。

子育てがひと段落し、子どもの独立があったり、親の介護問題、夫の定年など、生活リズムの変化が訪れやすい時期です。

生活リズムの急激な変化や、家庭や職場でのストレスは、交感神経を活発にさせます。

交感神経は心身を活発にする神経で、副交感神経はリラックスさせて体のメンテナンスをする神経です。

交感神経が活性化されることで、副交感神経とのバランスがとれなくなり、自律神経が乱れ、自律神経失調症の症状がでてきます。

ホルモンバランスだけでなく、ストレスも加わることで、症状は悪化しやすいといえるでしょう。

若くても更年期障害?若年性更年期

「更年期」とは閉経前後の10年ほどを指しますが、20代や30代の性成熟期でも更年期障害になることがあります。

若年性更年期障害を、プレ更年期障害ともいい、生理不順や女性ホルモンが乱れることで、不妊やさまざまな不調を引き起こすのです。

若年性更年期障害の原因は?

プレ更年期障害は、なぜ若いのに起こるのでしょうか。

20代女性は、社会に進出したことで初めて経験する仕事や、社会人としての重圧、今後の結婚などで頭を悩ませる時期です。

30代女性は、結婚、不妊治療や出産、子育てなどで、自分をとりまく環境が素早く変わってしまうこともあります。

これらの時期にプレッシャーやストレスを受けたり、無理なダイエットや不規則な生活習慣をすることで、卵巣機能を低下させ、まるで更年期障害のような症状を引き起こすことがあるのです。

若年性更年期の不調は本番の更年期障害がひどくなる?

20代や30代で、更年期障害の症状に悩まされた方は、ストレスや生活習慣で卵巣の機能が低下している状態です。

そのまま更年期を迎えると、症状がひどくあらわれることもあります。

強いストレスを軽減し、生活習慣を見直すことで、更年期の症状を軽減できる可能性があるので、しっかりと対策をとることが大事です。

できるだけ早く婦人科を受診して、しっかりと改善していきましょう。

男性にもある更年期障害

更年期障害といえば、女性のものと思いがちですが、最近は男性の更年期障害に注目が集まっています。

男性の更年期障害は、LOH症候群ともいわれており、男性ホルモンのテストステロンが深く関わっているのです。

男性の更年期障害はなにが原因なの?

テストステロンの量は、20代がピークといわれています。

しかし女性とは異なり、テストステロンの量が下がるのは人それぞれで「いつから」というものがありません。

70代でも30代並のテストステロン量の人もいれば、40代で80代程度しかテストステロンが分泌されていないケースもあります。

テストステロンの分泌量が減ることで、女性と同じように更年期障害の自律神経失調症にあたる症状がでてくるのです。

男性更年期障害の症状は女性と違う?

男性の更年期障害は、女性と同じように身体の症状や、心の症状があります。
また、女性にはない性的な症状も現れるのです。

【テストステロンの働き】

  • 筋肉や骨を発達させる
  • 血液の状態を正常にたもつ
  • 認知機能
  • 精子の形成
  • 性欲や性的機能の維持
  • 決断力
  • やる気

テストステロンが減ることで、筋肉量が落ち、不安感におそわれたり、やる気がなくなりうつ状態になることもあります。

また、勃起不全(ED)などの性的症状や、そもそも性欲がなくなるということもあるのです。

「うつ病なのかな」と疑うときは、男性更年期障害も視野に入れて、専門外来や泌尿器科を受診するとよいでしょう。

更年期障害の症状は?

更年期障害の症状は、多岐にわたります。

体と心にわけてみてみましょう。

【体の症状】

  • ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)
  • スウェッティング(多汗)
  • 動悸・胸の痛み
  • めまい・たちくらみ・耳鳴り
  • だるい(倦怠感)・疲れやすい
  • 太る(肥満)・むくむ
  • 痩せる
  • 頭痛・腰痛・関節の痛み・腰痛
  • 手足の冷え
  • 頻尿・尿もれ
  • 肌や目の乾燥
  • 抜け毛・薄毛
  • 口の乾燥・知覚過敏
  • 生理不順・性交痛

など

【心の症状】

  • うつ
  • 不安感
  • 不眠
  • イライラ
  • パニック
  • 集中できない
  • 物忘れがひどい

更年期障害の症状はさまざまですが、のぼせやほてり、汗やだるさなどを伴うホットフラッシュは、多くの方が悩まされる症状といってよいでしょう。

一説によると、ホットフラッシュは更年期をむかえる女性のなかで、4~8割程度の方に症状があるといわれています。

また、精神的な心の症状は、4割程度ともいわれ、多くの方が悩んでいるのです。

更年期障害の症状は、1年程度で終わる方もいれば、数年間悩まされることもあるため、一概に「どれくらいの期間」といえません。

しかし、一生続くわけでないので、上手に乗り越えていきたいですね。

更年期障害は病院に行くべき?

更年期障害の症状がでたときは、女性は婦人科や産婦人科を、男性は泌尿器科を受診しましょう。

症状によって行く病院は耳鼻科、整形外科や心療内科ではないかと悩む方も多いようですが、婦人科や泌尿器科で更年期障害の検査を行えるのです。

セルフチェックなどで、ある程度は更年期障害かのチェックをできますが、病院では血液検査で血中ホルモン濃度を測定できます。

検査結果で更年期障害か、ほかの病気かがわかるので、それによって治療方法も変わってくるのです。

そのため、自己判断をするのではなく、一度病院で検査を行うとよいでしょう。

検査結果によって、どのような治療が最適なのかを、医師と相談して決めていくことが大切です。

更年期障害ではなかった場合

更年期障害でなかった場合は、別の病気かもしれません。

パセドウ病などの甲状腺疾患は、疲れやすかったり、発汗、イライラする、動悸がでるなど、更年期障害の症状に似ていますが、内科での治療です。

ほかにも、耳鼻科・脳神経外科・整形外科・心療内科など、症状に合わせて治療する病院は異なります。

更年期障害は、ホルモンバランスの変化が大きく関わっているため、最初に婦人科や泌尿器科を受診することが、治療への早道といえるでしょう。

治療方法は?

更年期障害の治療は、どのように行われるのでしょうか。

主流の治療は、ホルモン療法のようですが、症状の重症度によってかなり異なるようです。

1:ホルモン補充療法(HRT)

更年期障害は、エストロゲンが急激に減少することで起こります。
そのため、減った女性ホルモンを補充させるホルモン補充治療(HRT)が一般的です。

イメージとしては、ホルモンが急降下するのを、なだらかにすることで、症状を緩和させるような感じといえばわかりやすいでしょうか。

飲み薬・貼り薬・塗り薬(ジェル)の3タイプが、病院で処方され、いずれも保険適用される薬です。

ホルモン補充療法のメリット

ホットフラッシュをはじめとする、さまざまな更年期障害の症状に効果を発揮します。

飲み薬を1週間飲んだ結果、ホットフラッシュの回数は75%減り、症状の強さは1/10程度というデータもあるので、かなり効果を期待できるといえるでしょう。

ほかにも、抗うつ気分を改善したり、肌のハリをつくるなどの効果もあります。

更年期症状以外では、骨密度を高めたり、認知症リスクや大腸がんリスクを下げる働きを認められているのです。

参考:日本産婦人科学会 ホルモン補充療法ガイドライン2017年度版

ホルモン補充療法のデメリット

アメリカの国立衛生研究所が2002年に発表した報告では「ホルモン補充療法を5年以上行っていると、乳がんリスクが高まる」といわれていました。

しかし現在は、ホルモン補充療法を5年以内の使用で、乳がんの発症は無く、7年以内でもリスクはないという解析結果がでています。

そのため「ホルモン補充療法をしたから、乳がんリスクがあがる」とはいえません

重大なデメリットではなく、マイナートラブルとしては、胸やおなかの張りや、胃のむかむか、おりもの量の変化などを感じるケースがあります。

2:低用量ピル

ホルモン剤というと、低用量ピル(OC)を想像する方もいるのではないでしょうか。

低用量ピルは、エストロゲンとプロゲステロンが入った混合ホルモンのことをいいます。

ホルモン補充療法とピルのもっとも大きな違いは、ピルに含まれるホルモンの量が5倍以上と多く含まれていることです。

更年期前の生理不順や月経痛などは、低用量ピルでホルモンの量を安定させると、症状が軽くなるといわれています。

更年期に入る前から低用量ピルを使うことで、ホルモンの量がいきなり減らすことなく、40代半ばくらいからホルモン補充療法に移行すると、更年期障害の症状を穏やかにできる可能性があるのです。

更年期の真っ最中にピルを飲み続けると、ホルモンが作用する子宮内膜症や子宮筋腫などの発症率は、高まる可能性があるといわれているので、必ず医師に相談しながら行いましょう。

3:プラセンタ療法

プラセンタとは、胎盤のことです。
妊娠中に赤ちゃんを育てるための、大切な器官で、アミノ酸が豊富にふくまれています。

プラセンタに含まれる成長因子などが、体の機能を調整し、更年期障害の症状を軽くするのです。

また、更年期症状を軽くするだけでなく、美肌効果や、髪の毛をしっとりさせるという美容上の変化も期待できます。

プラセンタには、注射やサプリメントがあり、それぞれ特徴が違うのでみていきましょう。

プラセンタ注射

厚生労働省から認可されているプラセンタ注射は2種類あり、日本全国どこのクリニックでも同じものです。

プラセンタ注射はヒトの胎盤を、洗浄・消毒などの処理をしてつくられています。

1度でもプラセンタ注射をした経験がある方は、献血ができなくなるのがデメリットといえるでしょう。

1回1,000~3,000円程度で注射を行え、更年期障害と診断されると保険適応されます。

注射をする前には、医師の説明をしっかり受けて、納得のうえ行いましょう。

プラセンタサプリ

注射はヒト由来のプラセンタでしたが、サプリメントは豚か馬の胎盤が原料です。

サプリメントでも、内容がよいものであれば、プラセンタ注射と同じくらいの体感があるといわれています。

プラセンタサプリは、飲んでも献血ができなくなるようなことはありません。

通販やドラッグストアで手に入るため、手軽に試せるため人気が高まっています。

プラセンタサプリ:FUWARI
FUWARI 初回:980円
2回目以降:3,480円


希少な馬プラセンタを3粒に7,200mgという、ハイクラスの配合量のプラセンタサプリです。

プラセンタ以外にも、アスタキサンチン・ビタミンE・ヒアルロン酸・エラスチン・セラミドという高級美容成分をしっかり配合してあるので、値段の割に品質が高いサプリメントとしてリピーターが続出しています。

また90日間の返金保証があるため、初めての購入に不安を感じている方でも、安心して注文できるのがよい部分ですね。

公式サイトを見る

4:漢方薬

ホルモン補充療法ができない方や、比較的症状の軽い方には、漢方薬を使った治療を行うことがあります。

漢方は、中国より伝わった東洋医学の考え方をもとに、室町時代以降に日本独自の発展をした治療方法です。

漢方で考えると、更年期の症状は「腎(じん)」の衰えです。

腎は生きるエネルギーの源で、発育や生殖と深い関わりがあり、体の陰陽バランスを整える役割があります。

陰と陽のバランスが崩れることは、発汗やのぼせ、ほてりや冷えなど、さまざまな不調が出るのです。

衰えた腎を補いながら、症状に合わせて必要な漢方薬を組み合わせて治療をします。

漢方薬のメリット

漢方薬は自然にあるものを使うため、化学的な薬品を使いません。
そのため、副作用はほとんどないのがメリットといえるでしょう。

基本は腎(じん)を補う、補腎薬を使い、症状に合わせて調合されます。

症状の原因を補い、不快な症状をおさえつつ、体全体のバランスを整えるのです。

たとえば、血の巡りが滞ることで起こる頭痛・肩こり・冷えや、気の巡りが滞ることで起こるホットフラッシュやイライラなどは、加味逍遥散・桂枝茯苓丸・桃核承気湯などがよく使われるようです。

漢方薬のデメリット

西洋医学の薬にある「即効性」は、漢方にありません。
徐々に体のバランスをとるため、今日飲んだから明日は元気、というわけにはならないのです。

また、使用する漢方薬によっては、胃もたれなどがおこる可能性もあります。

体質に合わない漢方薬を選ぶと、余計に症状がひどくなることもあるので、必ず漢方医に相談するとよいでしょう。

5:自律神経調整薬

ホルモン薬を使えない場合や、更年期障害の症状が軽いケースで使用されるのが、自律神経調整薬です。

交感神経と副交感神経のバランスをとるための薬で、効き目は比較的おだやかで、副作用の少ない薬といわれています。

更年期障害の乗り切り方

更年期はかならず訪れ、いつか終わるものです。

症状は一時的なものなんだと、気を楽にもって生活習慣を見直していきましょう。

食生活の見直し

ホルモンバランスを整えるには、食生活も重要な役割があります。

とくに、亜鉛、大豆イソフラボン、ビタミンEなどは、更年期に差し掛かる女性にオススメしたい栄養素です。

いずれもホルモンに作用する働きがあり、ホットフラッシュなどの症状を緩和できるかもしれません。

また、自律神経に作用する働きがある栄養素は、ビタミンB1、ビタミンB12、ビタミンCなどがあります。

これらの栄養素をとり入れられるような食生活にすることは、もちろん大切ですが、3食バランスよく適量を食べることがもっとも大切です。

軽い運動

ウォーキングやヨガ、ストレッチのような軽い運動は、健康維持やダイエット効果を期待でき、更年期障害の症状を緩和させることにも役立ちます。

とくにウォーキングのような有酸素運動は、エネルギーを消費しつつ、ストレス発散にもなるのです。

運動をすることで、自律神経のバランスを安定させることを期待できます。

基礎体温をつける

「更年期障害がつらい」という方だけでなく、「まだまだ更年期じゃないんだけど」という方にもオススメしたいのは、基礎体温をつけることです。

基礎体温をつける習慣があると、ホルモンバランスの変化に気付きやすくなります。

排卵をすると高温期に差し掛かるのが通常ですが、高温期が9日以下になり、低温期が長く続く状態になると、排卵がされていないか閉経が近づいているサインかもしれません。

早めにホルモンバランスの変化に気付くことで、自分にあった対策をでき、老化をゆるやかにできる可能性があります。

規則正しい生活を心がける

更年期障害の症状がでるひとつの要因として、生活リズムの変化があります。

そこで、できるかぎり、毎日同じ時間に起床・就寝をすることをこころがけ、質のよい睡眠をとれるようにしましょう。

家族との会話を増やす

更年期に差し掛かる女性は、人生において大きなストレスを抱えやすい時期です。

ストレスだけでなく、大きくホルモンのバランスが崩れることで、落ち込みやすくなったりするのは当然といえるでしょう。

家族としっかり会話をし、自分の状態を理解してもらうことで、更年期障害の症状が軽くなったケースもあるようです。

相談しやすい医師をみつけておく

医者も人間なので、どれだけ実績があっても相談しにくい方もいます。

更年期を相談するなら、なるべく相性がよくて相談しやすい医師をみつけておくとよいでしょう。

細かなことでもすぐに相談できる医師がいることは、とても大きな安心につながります。

更年期を笑顔で過ごすには

更年期は、どの女性にも同じように訪れる時期です。

症状の重さや出方は人それぞれですが、ずっと続くものではありません。

生活習慣を見直し、規則正しい生活をし、食生活や運動習慣を見直すことで、更年期障害の症状が軽くなる方もいます。

もちろん、食生活などでなかなか栄養まで気が回らないというときは、サプリメントに頼って問題ありません。

また「更年期障害の症状がでてきたな」と感じたら、迷わず医者に相談し、適切な治療を行うことが大切です。

なるべくストレスを軽減しながら、上手に更年期とつきあうことが笑顔で過ごすためのコツといえるでしょう。